SDGsとは

SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)とは2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として2015年9月の国連サミットで「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

金子建設でも経営理念のもと、事業を通じてSDGs(持続可能な開発目標)を推進し、その実現と社会の持続的発展に貢献していきます。

ゴール3.すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

  • 地域団体が開催する献血活動に積極的に取り組んでいます
  • 40歳以上は人間ドックを定期的に実施し、年1回の健康診断を100%実施しています
  • 本社にAEDを配備しています
  • 福利厚生の一環で、スポーツクラブの利用促進を行っています

ゴール4.質の高い教育をみんなに

すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、
生涯学習の機会を促進する

  • KANEKOアカデミーを設立し、新入社員からの成長過程を全社員に示し、
    社員教育や資格支援、社外セミナーへの参加を行ってます
  • インターンシップの積極的な受け入れを行っています

ゴール7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

ゴール13.気候変動に具体的な対策を

気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

ゴール11.住み続けられるまちづくりを

都市を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

  • 久留米市と災害時における応急対策活動を締結しています
  • ZEBの建物を推進しています

ゴール12.つくる責任 つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

  • 2000年にISO9001に登録し、品質方針、品質目標を掲げて
    品質向上に取り組んでいます
  • アフターメンテナンス:新築建物を引き渡した後、建物の規模に応じて
    1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年の定期点検を実施してます
  • システム建築の採用による環境にやさしい建物づくり
    (システム建築は軽くて強い構造で鋼材を減らし
     経済性と環境性を両立させた理想的な建築となります)

ゴール15.陸の豊かさも守ろう

森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、
ならびに生物多様性損失の阻止を図る

  • 社有地に環境に配慮した、地域に親しまれる植栽空間を設けています
  • くるめクリーンパートナーの活動を行っています

ゴール17.パートナーシップで目標を達成しよう

持続可能な開発に向けてグローバル・パートナーシップを活性化する